今年も残すところあとわずか!
なんだか寒波がやってきたとかでここのところ寒さが身に応えますね!!

というわけで、年末年始のみきのログイン予定を
ご案内しようと思います。

実は12月営業案内には年始までの予定も書いていたのですが
それから実家の状況がガラッと変わったので
わたしの予定も白紙に戻し組み直しています!


12月29日(土)は日帰りで実家と入院している父のお見舞いに行ってきます。
なので昼間はログインしない予定です。
夜間は 通常通りログイン予定です。

12月30日(日)は 通常通りログイン予定です。

12月31日(月)は みきが行きつけのお店で年を越す予定です。
年越しの瞬間くらいはお店にいようと思っていますけど
それ以外の夜間はログインしていない思います。


1月1日(火)は お昼まではログインするかもしれませんけど
お昼からは実家に帰る予定ですので
キホンログインできないか、ログインしてもチャットのみの対応になるかなと思います。

2日(水)は みきが実家に帰っている予定ですので
キホンログインできないか、ログインしてもチャットのみの対応になるかなと思います。

1月3日(木)は夕方までみきが実家に帰っている予定ですのでキホンログインできない予定です。
夜間は 通常通りログイン予定です。

1月4日(金)は 夕方くらいまではログインするかもしれませんけど
夜はみきの所属会社に顔を出す予定ですので深夜まではログインできない予定です。

1月5日(土)~6日(日)は 通常通りログイン予定です。


この予定は、今後のわたしの都合で都度変わっちゃう可能性はありますけど
今の予定としてはこんな感じです。

であであ、年末年始もロコ・デ・レリエーフォをよろしくお願いいたします!

今日は12月24日
世の中クリスマスイブですよ~~

というわけで、こういう時限りはアニメの上映を中止して
店内でクリスマスソングを流しています。

店内は気づけばクリスマスの飾りつけでいっぱい

Snapshot_20181118_003


クリスマスを、目で見て楽しんで
耳で聞いても楽しんでくださいね

もっとも、メディアについてはオーナーの都合で26日も夜10時くらいまでは流してると思いますけど・・・

本日、ロコ・デ・レリエーフォのメディアを変更しました。 今回のお題は「炎トリッパー」です このアニメは、高橋留美子の作品です。
高橋留美子といえば、犬夜叉とかうる星やつらとからんま1/2とかで有名ですよね
彼女の作品は、たぶんハチャメチャ系のギャグマンガが多いと思いますが
そんな彼女が珍しく?シリアス系の作品を書き起こしたのがこの「炎トリッパー」なんです

このアニメのあらすじはこんな感じ・・・。 とある村に野盗が襲撃をかけた。 ありとあらゆる建物に火をかけていく野盗。 燃え盛る家の中で少女は泣いていた。 名前は「すず」。 兄が火の中助け出そうとするが 火の勢いが激しすぎてなすすべがない。 そんな中、梁がすずに目がけて焼け落ちてきた。 しかし、いまにも梁がすずを直撃しようかという瞬間、 すずの姿が忽然と消えた。 兄はただただ呆然とそのあとを見つめるのみだった。 すずが気が付いたのは、彼女が今まで見たことのない世界だった。 コンクリートで固められた護岸。そこには鉄道協がかかっている。 そんな中、見知らぬ夫婦に声をかけられたのだった。
高校生の涼子(すずこ)は17歳の高校2年生。 彼女が学校から帰宅する途中にある公園では 近所に住む幼稚園児の周平が友達に盲腸の手術あとを見せびらかして自慢していた。 涼子は自らを「周くん」と呼ぶ周平と一緒に家路につくが、 途中にあるガスタンクで爆発が起こる。 周平と手をつないていた涼子は意識を失ってしまった。

この後、涼子と周平の運命はどうなるのでしょうか

先ほどはシリアス系の作品と書きましたが
やはり高橋留美子、彼女らしいギャグタッチの箇所も随所にみられて
クスリとさせられます。

そして、終盤涼子と周平はひょんなことで再会を果たすのですが、
その後も意外なようで案外すんなりと受け入れられるような
展開が待ち受けます。


どのような結末が待ち受けているのでしょうか
ぜひ皆さまお見届けください

↑このページのトップヘ